日々のあれこれを兎に角ややこしく

souzai3.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2014年 04月 24日

イベントのことについて少し

4月になり遂に、30の大台(?)に乗る。

周りの同年代の友人ともいつしか疎遠になってしまい、今頃は彼らは子供なり結婚なり仕事なり皆バリバリなんだろう、と想像する。

自分で選んだ道とはいえ、言うところの社会人には無縁にお気楽な生活を送ってきた訳だが、今になって将来とかお金の事に少しづつ不安に思う30代一ヶ月目。

何故に自分が学生生活を終える時に、フリーターの道を歩いたか、と想起すると、音楽に専念したいという思いがあったからで、虫みたいに練習だけはした結果このように大凡他人が選ばないであろう編成のバンドをできるに至ってる。

自分が選んだ道に悔いはないが、はて?そのリスクに見合った結果を得たかと自問すればそうではない、と思う。
あの時、こうしていればどうなっていたか…と最近よく思う。

孔子曰く「30にして立つ」とはいうけれども、少しづつ自分の中で変わるというか変えていかなければならない年なのかもしれない。

前置きは長くなったけど、迷える30代を迎えた僕(と、結成10年を迎えたシゼンカイノオキテ)が打つ夏の一代イベントMOTEN EXTRA!について少し。

7月19日@京都二条グローリー

MEAT EATERS / LARGE400 / zirconium / マクマナマン / トリプルファイヤー / 地獄の魔術師 / バイセーシ / BLOND new HALF / ふつうのしあわせ / 股下89/o'summer vacation / シゼンカイノオキテ and more!!!!


元々は、2年ほど前にシゼンカイ、佐野さんと飲んでる時に思い立ったひょうたんからコマの企画。

「MOTEN」という言葉は、多方察しの通り「盲点」から来ていて、生物が生理的な暗点を見えないという意味のこの言葉と、その時誰にも見向きもされなかった自分たちを掛けた皮肉として企画名を提案した。

その頃の僕らと言ったら(今もそうだけど)、京都のライブハウスに愛想をつかれて、どんどん出るライブハウスがなくなり必然的に活動の地理を広げざるを得ない時だった。

その結果色々な地域で、ただ住んでるだけの京都で閉じこもっていただけでは知り得なかった音楽に遭遇した。

あまり京都に来ない地方のバンドを「盲点」として(これは表現が失礼かもしれない。)プレゼンする事も出来るし、一種の自虐的行為ではあるけど自分たちを敬遠している京都に対するアンチテーゼとしてイベントを開きたいので乗っかりませんか、と佐野さんに話した事に個人的には全て起因してるかと思う。

(こう書くと、このイベントは自分の発案!と吹聴せんと聞こえるかもしれないが、それはシゼンカイ側にもなにか思うことがあっての事なので、それはこの後シゼンカイ側からなにかある、と思うのでそちらを楽しみに…)

1回目も、2回目も、そういう思いでやってきて2回目で集客というバンドマンなら誰でも迎える大きな壁にブチあったった。

出てるバンドは間違いなくカッコよく、来てくれさえすれば良いイベントだったと思わせられる説得力のある内容だったけれども、それでも足りなかったのは何か?を考えるために、特に話し合ったわけではなかったけどシゼンカイとお互い策を模索しようと、今回の開催に1年以上期間を設けたのは暗黙の了解であった(はず)。

僕個人としては何かコレという解決策が見つかった訳ではないし、相変わらず京都のライブハウス、バンド関係者には見向きもされないけども、ココでやる意味、やらなければならない結果を吐き出した僕なりのプレゼンがこのMOTEN EXTRA!なのだと思う。

沢山の人に見てもらいたい、と思うのはバンドをやってく上では付随される願望であるけど、ソレを伝えるのはダサかったり、あえて公然と言うべきことではないのかもしれない。

しかし地層のように30年堆積した弄れという宿痾を持った中途半端な年齢の人間の思いを伝えたい。恥を忍んで言うならば、「30にして立つ」のだ!という決意を汲んで欲しい。

願わくば多くの人に届いて、出来るだけ沢山の人に見に来て欲しい、と思う。

僕個人の問題なのだけど、これはアンチテーゼであり、皮肉であり、希望、そして期待であるのです。

長文失礼~。
[PR]

by ohsummervacation | 2014-04-24 00:37 | nikki
2014年 04月 15日

鳥の唐揚げリメイク

一人で暮らしてると唐揚げをしても一枚丸々は食べきれないことが多く、次の日に持ち越しになることが多い。

今日は先日誕生日で作って余って冷凍してた唐揚げのリメイク。

f0229949_21174937.jpg


【材料】

唐揚げ 3個
トマト 1個
キャベツ 2枚
ニンニクの芽 適量
ウインナー 適量
豆板醤 大匙1
オリーブオイル 適量
ニンニクみじん切り 1片
酒 大1


①フライパンにオリーブ油にニンニクを泳がせて、小さい泡が出てきたら唐揚げとウインナーを投入。

②キャベツ、ニンニクの芽、トマトの順に投入し全体に油が回ったら豆板醤を入れる。

③酒をまわしがけてフライパンに蓋をして水気がある程度なくなるまで中火で蒸す。

④仕上げに塩コショウをして出来上がり。


前は酢鶏にしたけど、こっちのほうが美味しい気がする。
他にも大根おろしと炒め煮したみぞれ煮込みとかもできる。細かく刻んでチャーハンに混ぜたり。色々使える食材。冷凍食品の唐揚げ使ってみたら、お手軽かも。
[PR]

by ohsummervacation | 2014-04-15 21:27 | cooking
2014年 04月 02日

4月

4月はこの一本。HOKAGE南さんブッキング!


2014.4.29.tue
HOKAGE presents
[YELLOWKNIFE]
HOW(東京)
HARDCOREDUDE
SMOKEDU SALMON
ATAME
☆HISATAKA☆
o'sunnmer vacation

...and more


楽しみだ!後述するチケットもこの日から販売する!


3月24日は333(bababa)のレコ発イベント。

呼んでくれた333(bababa)はメンバー全員の所属する別バンドと対バンしてたり変な縁で呼ばれた。(と思う)
何よりメンバーが心底仲良いというか、楽しそうな雰囲気が伝わって来るのがいいな。ないものねだり…か。

この日は一昨年12月にイベントに出てくれたいったんぶとも久々の共演。衝動でTシャツ買っちった。

HOSOMEと一緒にやるのは10年ぶり位。

初めてHOSOMEと共演したのは移転前のウーララで、その時受けた衝撃は今も残っている。10分未満のパフォーマンスに詰め込まれたポップな暴力!
僕にとってはピストルズのライブを見て衝撃を受けたマンチェスターの面々と同じ様な衝撃だった。やはりマイヒーロー。

ありがとう!333(bababa)


ちょっとまだ未確定な事が多いけどイベントのことにも触れておく。

シゼンカイノオキテとの共催も3回目。

僕らの青春から、最近知り合った人達まで!

詳しくは

twitter→@moten_info

web

を参照!

取り置きはosummervacation@gmail.comまで!シゼンカイノオキテの方でも受け付けてる!

さらに主催両バンドのライブ会場で販売のチケットは実質¥500オフなんで是非その機会にもお求めください!
[PR]

by ohsummervacation | 2014-04-02 03:14 | nikki